大切な貴方へ贈るプレゼント

プレゼントを贈ろう

出産内祝い

妊娠中は出産祝いのお返しを考えず出産後に出産内祝いを用意するはめになって慌てて準備した経験があるかもいらっしゃるのではないでしょうか。

出産内祝いはもともと子供の成長をみんなで祝い、お祝いをいただく、いただかない以前に幸せのおすそ分けのようなものだったのですが現在は出産祝いのお返しのことを指す意味合いになっています。

出産内祝いのマナー

出産内祝いは赤ちゃんが1ヶ月を過ぎた頃に贈るのが一般的とされています。しかし、産まれたばかりの子供が居る中で出産内祝い選びは大変で、手間もかかってしまいますよね。かならずしも出産内祝いをしなければならないという決まりではないのでどうしても忙しい場合はメールや電話でOK。

きちんとした形で贈りたいのであればお菓子やタオルなどの日用品で出産祝いを貰った相手に統一したものを贈るのが良いと思います。統一する理由は後で届いた連絡を貰ったときに混乱しないためです。

それぞれ別の出産内祝いを贈るのであれば誰にどんなものを贈ったかメモしていたほうがいいでしょう。メモは出産祝いを貰ったときにもいえます。誰に、いつ、いくらのものを貰ったのかメモしておくとお返ししやすいと思います。出産内祝いの相場は貰った金額の二分の一か三分の一です。出産内祝いでコーヒーのセットなどを贈る方が多いですが、食品の場合は相手のライフスタイルを考慮したほうがいいとお思います。

コーヒーを全く飲まない人は飲まないですかね、コーヒーに限ることではないのですが失敗談も多々聞きます。せっかく貰った出産祝いのお返しですから、相手にも喜んでもらえるものを贈りたいですよね。

相手が喪中の場合
出産内祝いは出産祝いのお返しなので相手が喪中であっても贈ることは可能です。ただし、先方の状態を確認してから、相手が落ち着く四十九日を過ぎてから出産内祝いを贈るのが基本です。
出産祝いを頂いていない方へ贈る
出産内祝いは出産祝いを頂いてない方へも贈ることができます。近所の方など人付き合い程度なら金額は統一して簡単なお菓子などで気を使わせないものが無難です。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2014/12/5

Copyright © 2009 大切な貴方へ贈るプレゼント All Rights Reserved.